i

豆知識を知る

知っておきたいお釈迦様に関するあれこれ

お釈迦様に関する「え?そうなの?」と思えるような豆知識をいくつかご紹介します。

お釈迦様は実在の人物なの?

お釈迦様の生涯に関しては不明なことも多く、実在した人物かどうか疑われた時期もあります。
しかし、1898年に北インドとネパールの国境付近の地で、イギリス人がお釈迦様の遺骨を発見したことにより、お釈迦様は実在したということが裏付けられました。
誕生年に関しては諸説ありますが、日本では紀元前463年であるという説が有力です。

お釈迦様の遺骨は日本にあるの?〜万松寺とのエピソード

お釈迦様は80歳でお亡くなり(入滅)になった後火葬され、遺骨(仏舎利)は埋葬されました。
そして1898年に発見されたお釈迦様の遺骨はタイ国に寄贈されました。

その後1900年に遺骨の一部は日本にも贈られます。
この時の条件は特定の宗派ではなく全仏教宗派に対しての贈与とすること。

国内に無事運ばれたものの、安置場所がなかなか決まらず、2年間は京都の妙法院に仮安置されていました。
名古屋に宗派を超えた寺院、日泰寺の建立が決まった時、その建立までの2年間の仮安置場所を、ここ大須の万松寺としたのです。

1904年からは覚王山の日泰寺に安置されています。

「北枕」とお釈迦様との関係

一般に縁起が悪いと言われる「北枕」は、お釈迦様が亡くなられた際、頭を北へ、顔を西へと向け、右脇腹を下にされていたことに由来しています。
日本では人が亡くなられた際には「北枕」にすることから「北枕は縁起が悪い」と言われるのでしょう。

しかし、お釈迦様の臨終前の姿勢(「頭北面西右脇臥」ずほくめんさいうきょうが)は人が一番楽な姿勢とも言われ、お釈迦様の苦痛を少しでも楽にしようとしての「北枕」という説もあります。

お釈迦様?ブッダ?どう呼べばいいの?

まず、お釈迦様には「ゴータマ・シッダールタ」という両親がつけたお名前があります。
コミックのタイトルにもある「ブッダ」というのはサンスクリット語で「目覚めた人」「悟りを開いた人」という意味です。
そしてお釈迦様の「釈迦」は、出身地の部族の「シャカ族」からきています。
他にも様々な呼び方がありますが、日本では親しみを込めて「お釈迦様」と呼ばれることが多いようです。

お釈迦様は実在の人物なの?

お釈迦様の生涯に関しては不明なことも多く、実在した人物かどうか疑われた時期もあります。
しかし、1898年に北インドとネパールの国境付近の地で、イギリス人がお釈迦様の遺骨を発見したことにより、お釈迦様は実在したということが裏付けられました。
誕生年に関しては諸説ありますが、日本では紀元前463年であるという説が有力です。

お釈迦様の遺骨は日本にあるの?〜万松寺とのエピソード

お釈迦様は80歳でお亡くなり(入滅)になった後火葬され、遺骨(仏舎利)は埋葬されました。
そして1898年に発見されたお釈迦様の遺骨はタイ国に寄贈されました。

その後1900年に遺骨の一部は日本にも贈られます。
この時の条件は特定の宗派ではなく全仏教宗派に対しての贈与とすること。

国内に無事運ばれたものの、安置場所がなかなか決まらず、2年間は京都の妙法院に仮安置されていました。
名古屋に宗派を超えた寺院、日泰寺の建立が決まった時、その建立までの2年間の仮安置場所を、ここ大須の万松寺としたのです。

1904年からは覚王山の日泰寺に安置されています。

「北枕」とお釈迦様との関係

一般に縁起が悪いと言われる「北枕」は、お釈迦様が亡くなられた際、頭を北へ、顔を西へと向け、右脇腹を下にされていたことに由来しています。
日本では人が亡くなられた際には「北枕」にすることから「北枕は縁起が悪い」と言われるのでしょう。

しかし、お釈迦様の臨終前の姿勢(「頭北面西右脇臥」ずほくめんさいうきょうが)は人が一番楽な姿勢とも言われ、お釈迦様の苦痛を少しでも楽にしようとしての「北枕」という説もあります。

お釈迦様?ブッダ?どう呼べばいいの?

まず、お釈迦様には「ゴータマ・シッダールタ」という両親がつけたお名前があります。
コミックのタイトルにもある「ブッダ」というのはサンスクリット語で「目覚めた人」「悟りを開いた人」という意味です。
そしてお釈迦様の「釈迦」は、出身地の部族の「シャカ族」からきています。
他にも様々な呼び方がありますが、日本では親しみを込めて「お釈迦様」と呼ばれることが多いようです。