i

生涯について知る

お釈迦様のが生まれてからお亡くなりになるまで

お釈迦様とはどのような人物だったのでしょうか。
仏教の開祖、お釈迦様の生涯についてご紹介します。

お釈迦様の誕生

お釈迦様の誕生地地図お釈迦様は今から2500年ほど昔、ネパールの南部、インドとの国境近くにあったシャカ国の王子として誕生され「シッダールタ」と名付けられました。
母親のマーヤー妃は出産のための里帰りの旅行中にルンビニでお釈迦様を生み、7日後に亡くなりました。
父親のスッドーダナ王は母親を亡くした息子に不自由させないよう、また王位を継いで欲しいと恵まれた過保護で贅沢な環境でお釈迦様を育てました。

お釈迦様の誕生に関しては「マーヤーの脇の下から生まれた」という話や「生まれてすぐに7歩だけ歩いて、右手で天を、左手で地を指し、『天上天下唯我独尊』と唱えた」といった伝説もあります。

出家を決意

お釈迦様は16歳で結婚、そして男の子が生まれ、一見順風満帆に見える生活でしたが、その実人生の問題、老い、病、苦について悩んでいました。
そんなある日、お釈迦様は城の東門から出る時に老人に出会い、南門では病人に、西門では死者を弔う行列に会い、ショックを受けました。ところが北門で修行者と出会い、出家を志すようになりました。
それを知った父は引きとめようとしましたが、お釈迦様は29歳の誕生日の夜に出家を決意し城を出ました。

過酷な修行

お釈迦様は良い師を求めて旅をし、何人かの師を訪ねましたが、どれも自分の目指すものではないと満足することのないまま、師のもとを去りました。
その後、お釈迦様は5人の修行者とともに苦行の生活に入ります。
肉体への苦痛による精神の浄化を苦行とし、力を得るための修行として、断食、息を止める、冬の川での沐浴などの過酷な生活を6年間続けましたが、お釈迦様は求める答えは苦行では得られないと気付き、苦行を放棄しました。

成道(お悟り)

5人の修行者は、お釈迦様が単に苦行に耐えられず修行を放棄したと思い去って行きました。
お釈迦様は川で身を清め、村娘のスジャータが施した乳粥によって体力を回復。その後菩提樹の下で坐禅し、深い瞑想に入り12月8日に悟りを開かれ、ブッダ(=目覚めた人)となりました。お釈迦様が35歳の時でした。

12月8日はお釈迦様がお悟りになった日を記念して、毎年多くのお寺で「成道会(じょうどうえ)」という法要が執り行われています。

伝道の旅

お釈迦様はお悟りを開いてから80歳でお亡くなりになるまでの45年間、休むこと無く布教の旅を続けられました。
お釈迦様のお導きによって多くの修行者が悟りを開き教えを広めていきました。

お釈迦様の誕生

お釈迦様の誕生地地図お釈迦様は今から2500年ほど昔、ネパールの南部、インドとの国境近くにあったシャカ国の王子として誕生され「シッダールタ」と名付けられました。
母親のマーヤー妃は出産のための里帰りの旅行中にルンビニでお釈迦様を生み、7日後に亡くなりました。
父親のスッドーダナ王は母親を亡くした息子に不自由させないよう、また王位を継いで欲しいと恵まれた過保護で贅沢な環境でお釈迦様を育てました。

お釈迦様の誕生に関しては「マーヤーの脇の下から生まれた」という話や「生まれてすぐに7歩だけ歩いて、右手で天を、左手で地を指し、『天上天下唯我独尊』と唱えた」といった伝説もあります。

出家を決意

お釈迦様は16歳で結婚、そして男の子が生まれ、一見順風満帆に見える生活でしたが、その実人生の問題、老い、病、苦について悩んでいました。
そんなある日、お釈迦様は城の東門から出る時に老人に出会い、南門では病人に、西門では死者を弔う行列に会い、ショックを受けました。ところが北門で修行者と出会い、出家を志すようになりました。
それを知った父は引きとめようとしましたが、お釈迦様は29歳の誕生日の夜に出家を決意し城を出ました。

過酷な修行

お釈迦様は良い師を求めて旅をし、何人かの師を訪ねましたが、どれも自分の目指すものではないと満足することのないまま、師のもとを去りました。
その後、お釈迦様は5人の修行者とともに苦行の生活に入ります。
肉体への苦痛による精神の浄化を苦行とし、力を得るための修行として、断食、息を止める、冬の川での沐浴などの過酷な生活を6年間続けましたが、お釈迦様は求める答えは苦行では得られないと気付き、苦行を放棄しました。

成道(お悟り)

5人の修行者は、お釈迦様が単に苦行に耐えられず修行を放棄したと思い去って行きました。
お釈迦様は川で身を清め、村娘のスジャータが施した乳粥によって体力を回復。その後菩提樹の下で坐禅し、深い瞑想に入り12月8日に悟りを開かれ、ブッダ(=目覚めた人)となりました。お釈迦様が35歳の時でした。

12月8日はお釈迦様がお悟りになった日を記念して、毎年多くのお寺で「成道会(じょうどうえ)」という法要が執り行われています。

伝道の旅

お釈迦様はお悟りを開いてから80歳でお亡くなりになるまでの45年間、休むこと無く布教の旅を続けられました。
お釈迦様のお導きによって多くの修行者が悟りを開き教えを広めていきました。