スジャータとは

お釈迦様を救った、インド人女性の名前です。
生死の境を行き来する程の厳しい修行(苦行)を行った事だけでは悟りを得ることは出来ないと気付いたお釈迦様は、苦行を終えて下山しましたが、苦行による衰弱のため、河のほとりで動けなくなりました。
その時、近くの村に住んでいたスジャータがお釈迦様に乳粥の施しを行いました。乳粥の施しによって、心身ともに回復したお釈迦様は、菩提樹の下で坐禅を組み瞑想を続けた後、ついに悟りを開きました。
万松寺では、このスジャータの功績を称え、「スジャータまつり」として、お釈迦様が悟りを開かれた日を祝う行事を毎年12月初旬に開催しています。

お釈迦様ってどんな人??

万松寺イベントスペース

18:00〜

スジャータ姫道中(パレード)の山車に提灯約200灯を掲げ、万松寺でお披露目、逮夜の法要、奉納太鼓を演奏いたします。


万松寺本堂

10:30〜

「ブッダに学ぶ幸せな生き方」と題し、住職がお釈迦様の教えをもとに、人生を幸せに生きるヒントをお話しします。


大須商店街

13:00〜

インドの民族衣装サリーを身に纏ったスジャータ姫とブッタ君が、山車とともに大須商店街をパレードします。
今年は地元アイドルグループOS☆U、BSJや地元のこどもたちにスジャータ姫として、活躍していただきます。


万松寺本堂

14:00〜

お釈迦様が悟りを開いたことを尊び讃える法要。一般の方々もご参列いただけます。


万松寺イベントスペース

14:30〜

海東流神楽太鼓による奉納太鼓を演奏します。


万松寺イベントスペース

14:50〜

スジャータ姫が乳粥の代わりに牛乳を皆様に振る舞います。牛乳を飲み終えたコップは、皆様のお名前・願い事を記入してお納めいただきます。
お納めいただいたコップは万松寺でご祈祷し、仏様に願い事をお届けします。