お釈迦様が若い頃、飲まず食わずの修行をして倒れた時、スジャータという女性が乳粥で介抱しました。 この乳粥を食べたお釈迦様は元気を取り戻し、菩提樹の下で悟りを開かれました。
その釈尊おさとりの日が12月8日であり、その日を記念して毎年12月上旬に万松寺では「スジャータまつり」を開催しています。

乳粥のエピソードにちなんで牛乳を振舞ったり、パレードなども行われます。