HOME>>万松寺について

万松寺について

万松寺は470年以上の歴史を持つ寺院です。
天文九年(1540年)尾張一円を領していた古渡城主、織田備後守信秀公(織田信長の父)が、
織田家の菩提寺として開基しました。
御本尊は十一面観世音菩薩。
開山は信秀公の伯父の大雲永瑞大和尚。正式の寺号は亀嶽林(山)萬松寺。

織田家や徳川家との縁も深く、歴史ファンにとっては魅力的なスポットであり、
また大須の商店街の中に位置することもあって、いつも多くの人で賑わっています。

本堂

万松寺の本堂は地下一階、地上五階建て。
本尊十一面観音菩薩を奉り、3つの納骨堂、からくり人形、鐘楼堂が造られています。

 > 本堂のご案内はこちら

 > からくり人形「信長」のご案内はこちら

白龍館(諸堂)

万松寺の諸堂「白龍館」は地下二階、地上五階建て。
身代不動明王、白雪咤枳尼真天を奉り、納骨堂「白龍館 彩蓮」や白龍ホールが完備されています。

 > 白龍館のご案内はこちら

境内

万松寺の境内には身代不動明王をはじめ、
商売繁盛、家内安全を希う白方々で賑わっています。

また万松寺を開基した織田信秀公の墓碑も人気スポットのひとつです。

 > 境内のご案内はこちら